アドバイスをくれない税理士 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

アドバイスをくれない税理士



法人成りしたばかりの方からのご相談です。

儲かった分の半分を税金等で持っていかれてます。これって普通ですか?」

税理士さんに申告等はお願いしているのですが、前向きな提案はなく、同業者から節税やらアドバイスを聞いては相談してみるのだが・・・」

そりゃ無理だよ。」

「やっても意味ないよ。」

と言われて納得いかないまま有耶無耶にされちゃうんです。」

とは言いつつも青色決算書等を見せてもらいましたが、青色申告はもちろん専従者給与・小規模企業共済などを使用してそこそこ節税できています。
法人成りの時期としてもベストぐらいのタイミングだと思います。
現在の税理士さん、中々いい仕事してると思いますよ。

話を聞いていく中で、問題の根本が分かりました。
お願いしている税理士さんが義理の父親らしく飲み屋さんの領収書を出しにくく、ざっくばらんに相談しにくいみたいです。

私も新規顧問先獲得のために営業に来ているのですが、

  • 現在の顧問料(身内価格なのか安い)
  • 重要な分岐点の助言
  • 身内の税理士さんを変更するなど

を勘案するとお客さんにとってメリットが少ない気がしたので、

もう少し今の税理士さんと話し合ってみてください。
どうしてもと言う結論に至れば喜んで仕事させていただきます
。」

とお伝えしました。
仕事を取るだけが営業ではないと自分に言い聞かせながら帰社しました。

連絡くださる方々は、十人十色の様々な悩みを抱えてらっしゃいます。
ベストの選択は、その方々によって違う場合も様々です。
良き相談相手になれる会計事務所でありたいです。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら