スポーツマンシップ - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

スポーツマンシップ



スポーツが好きで格闘技、サッカーを中心に観戦(もちろんTV)していますが、5月末のACLは後味の悪いものとなりましたね。

 

浦和の選手が挑発したところがあったりはするのでしょうが、乱闘は見てる側としては残念です。

 

サッカーでいうと、勝っているチームの選手が試合終了間際に時間稼ぎをするなどよく見受けられ、イライラすることがあります。

これはルールの中ではセーフの行為で、今回のそれとは違いますね。

 

控えの選手がベンチから飛び出して肘鉄をお見舞いする。

見てるほうとしてはビックリですよね。

確かに試合中はお互いボルテージが上がり、冷静さを失うことはあるでしょう。

 

でも、試合が終われば観客や相手チームに挨拶をして退場するって、私はスポーツ少年団で習いました。

 

試合終了後の乱闘騒ぎは見るに耐えない。

 

総合格闘技やボクシングを見ていても試合終了後は、握手を交わし、お互いの健闘を称えます。

 

スポーツの良さってそこにありますよね。

 

子供に夢を与え、国境を越え、エキサイティングで、かつナショナリズムをそのときばかりは強く感じるスポーツ。

 

スポーツファンとして楽しませてもらいたいと心から願います。

 

goto

 

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら