マイナンバーとホステス - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

マイナンバーとホステス



最近のマイナンバー絡みの相談の中でも、一番相談件数が多いのが従業員(ホステス)さんに対するマイナンバー絡みです。

具体的な相談内容としては、

「従業員が下記のような事で悩んでいるので何とかしてやりたい。
マイナンバーが導入されると、どうしてあげようもないが、従業員に辞められるとお店側としても仕事を続けていけない。」

  1. 昼間は事務職として働いているけど、生活費が足りないから夜もアルバイトしている。
    昼間の仕事先にはアルバイトの事は知られたくない。
  2. 母子家庭で母子手当てをもらっていて、昼間は子供がいて働くことができないので仕方なく夜の仕事をしている。
    母子手当がカットされると困る。
  3. 今の給料で生活がギリギリ。
    税金を引かれると生活していけない。

結論を言ってしまえば、マイナンバー導入の前から、報告義務も納税義務もあったので 、何かが大きく変わった訳ではないのです。
納税に対する意識がマイナンバーをきっかけに皆さんに周知されるようになっただけです。

今までが、たまたまバレてないだけです。
マイナンバー導入を機会に、曖昧だったものを正常に戻すきっかけだと思い、従業員さんと納得がいくまで話して、今後の対策を検討してみてください。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら