中古住宅と住宅ローン控除 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

中古住宅と住宅ローン控除



住宅ローン控除は新築住宅に限りません。中古住宅でも対象となります。

木造が築年数20年以内、耐火建築物(マンションなど)が築年数25年以内であれば、新築住宅の場合と変わるところはありません。
築年数要件を満たさない古い中古住宅の場合は、耐震基準に適合することについて証明がされたものである必要があります。この手順はなかなか複雑です。

<買い手として>
築年数要件を満たさない古い中古住宅を買いたい、住宅ローン控除も利用したいという場合は「耐震基準適合証明書の取得」を行う必要があります。
これは、耐震診断を受診し、耐震改修計画を立案・実施し、耐震基準適合証明書の発行を受けるという手順を踏みます。一つ注意点として、耐震基準適合証明書の申請等の手続きを引渡前に行っておく必要があります。

<売り手として>
一方、中古住宅を売りたいという方にとっても、住宅ローン控除の対象となるかどうかは重要です。
売れるかどうかに直結しますし、また売価にも直結します。
売り手側としては、「既存住宅売買瑕疵保険」に加入することが考えられます。
これは、引渡後に発生した構造的な不具合の補修費用等について1000万円までの保険が最長5年間つけられるというもので、これに加入していれば住宅ローン控除の対象となります。

疑問点等ございましたら朝日税理士法人までご連絡ください。

Hama

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら