中小企業等経営強化法ともの作り補助金 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

中小企業等経営強化法ともの作り補助金



中小企業等経営強化法については過去のブログでもお伝えしているかと思いますが、以前行われた平成27年度補正予算もの作り補助金二次公募から、中小企業等経営強化法による経営力向上計画の認定があれば、補助金の採択決定時の加点項目となっています。
今年の11月又は12月から開始が予想されている(あくまで予想です。)平成28年度補正予算もの作り補助金の申請でも同じく加点項目となることが考えられます。
この経営力向上計画は申請書が2枚程度でよく、他の計画書類に比べると簡単に作れるものだと言われています。
この経営力向上計画の認定は当該補助金の申請においては加点項目であり必須項目にはなっていません。
しかし、もの作り補助金の採択はシビアであり、なかなか採択に結びつけるのが難しい状態となっているため、書類の作成が簡単であることを考えると今後の申請においてはほとんどの事業者が経営力向上計画の認定による加点項目を満たした状態で申請してくることが予想されます。
ほとんどの申請者がこの加点項目を満たしてくるので、本気で採択を目指すのであればこの経営力向上計画の加点項目はもはや必須項目になってくるのではないでしょうか?
今後のもの作り補助金の申請を考えている方はこういった事も考慮する必要が出てきます。

mori

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら