会社設立~メリット・デメリット~ - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

会社設立~メリット・デメリット~



新規で会社を立ち上げたいと思っている方もいると思います。
そこで会社の設立について説明させていただきます。
まず会社設立のメリット・デメリットですが

【メリット】

・信用度が高い(法人になることで、取引先・金融機関からの信用が上がり、取引先が増えたり、資金調達がしやすくなります)
・税金関連(個人事業では認められない費用が費用として認められる。家族への給与や生命保険も費用になる)
・雇用関係(採用時の印象が違うので従業員確保がしやすい)
・決算期を自分で決められる。(個人は12月ですが法人は好きな決算期を決められる)

【デメリット】

・社会保険への加入(社会保険への加入が義務づけられているので、費用がかさむ。※ただし従業員の確保へは役立つ)
・税金の均等割り(赤字であっても年間7万円ほどの税金を納めなければならない)
・報酬(役員報酬を一度決めたら一年間は変更できない)
・事務負担が高くなる(社会保険、労働保険の手続き・会社組織に関する手続等)
・税務申告が複雑になる(会計・税理士事務所などの専門家への費用が上がる)

以上のようにメリット・デメリットがありますが、税金の節税面でのメリットが大きいです。

では会社設立の流れを簡単に説明したいと思います。

・会社名を決める(商号決定)
・事業目的を決める
・本店所在地を決める
・資本金の額を決める
・資本金を集める
・機関設定
・事業年度を決める
・会社の印鑑を作成する
・設立費用を準備する

以上のように箇条書きで書いただけでも決めるべきことは多数あります。
詳しくは別の機会に説明させていただければと思います。

朝日税理士法人でも会社設立のお手伝いをしておりますので、ご気軽にご相談ください。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら