住民税について - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

住民税について



住民税の通知書がだんだんと届き始めてきました。
会社に勤めている方は、会社より手元に届いている方もおられるかもしれません。

会社勤めの方であれば、給与より住民税が天引きされます。
この住民税は前年1月~12月までの所得に対して課税されるもので、毎年変動があります。
この変動した住民税で天引きが始まるのがいつからかというと、6月の給与から新しい金額の天引きが始まります。
6月の天引きは端数処理の関係で7月から5月よりも少し多い金額になっています。

会社を退職した場合にどうなるのか?
会社を辞める場合は、特別徴収による天引きはできませんのでご自分で納付する形になります。
ただし、すぐに転職する場合は、特別徴収の継続を行うことが出来ます。
また、すぐに転職をせずにしばらくしてから就職した場合は、就職先の会社に天引きしてもらう手続きをしてもらう必要があります。
注意点として、1月~5月に退職する場合は最後の給与から残りの住民税が一括徴収されますのでご注意ください。また、住民税は前年度の所得をもとに金額が決まるので、退職した時期にもよりますが収入がない状態であっても住民税の納付があることになりますすので、それを考慮して計画をたててください。

 

KN

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら