公正証書遺言 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

公正証書遺言



公正証書遺言とは、公証人役場で公証人に作成してもらう遺言のことを言います。公証人に作成してもらうことで、書き間違いやミスがないため、最も確実な遺言といえます。

 

公正証書遺言のメリットとして、真正性が問題になることが無い、裁判所の検認が必要無い、不備で遺言が無効になる心配が無い、改ざんの心配が無い、字が書けなくても遺言を残すことができるなどが挙げられます。

その他にも、「家族が仲良く生活できますように」といった遺言者の思いを残すこともできます。

 

デメリットとしては、手続きなど作成に手間がかかる、証人が2人以上必要となる、専門家にお願いするため費用がかかるなどがあります。

公証人に支払う作成手数料は、その遺言書に書かれた財産の価額に応じて決まります。

 

少し昔であれば「長男が家を継ぐ」という考え方が根強くあったようですが、近年は「平等」という考えが浸透してきているように思います。

残された子ども達が財産分与で喧嘩することは悲しいことです。元気なうちにしかできない争族対策の一つとして遺言書を残すことも一つの方法と考えられます。

最近実務でも遺産分割協議が上手くいかないケースも増えています。ご注意ください。

 

司法書士、弁護士など各種専門家と提携し、ワンストップサービスを提供いたします。

朝日税理士法人までお問い合わせください。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら