切りのいい金額の役員報酬 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

切りのいい金額の役員報酬



役員報酬を決める
会社を設立して、まず最初に決めるのが役員報酬です。
決める時点ではいくら利益が出るかわからないのに、決めなければいけない・・
「まあ30万円にしとこうか」みたいな決め方をすることが多いです。
設立後も、事情はあまり変わりません。
役員報酬は、事業年度初めの3か月間で決める必要がありますが、前年度の決算が
終わったくらいの時期です。
今年度いくら利益が出るかの見通しがわからない場合が多いです。
やはり「いままで50万円だったけど55万円にしようか」みたいな決め方をすることが多いです。
こういう決め方の時は、切りのいい金額にするのが人情ですね。

月額給与の社会保険料
ところが役員報酬を決めるときに、切りのいい金額でないほうが得をする場合があります。
それは、社会保険料の決め方によるものです。

標準報酬月額 報酬月額 健康保険料 厚生年金保険料
24万円 23万円以上 25万円未満 24,240円 42,787円
26万円 25万円以上 27万円未満 26,260円 46,352円
差額 2,020円 差額 3,565円

注 保険料は会社負担と本人負担の合計、介護保険料がない場合

月額給与の社会保険料は給与額が増えると同じ割合で増えるのではなく、階段状に増えていきます。
このため、例えば役員報酬を25万円にしたら、上表下側の標準報酬月額260,000円の社会保険料となりますが、249,900円にしたら、上表上側の標準報酬月額240,000円の社会保険料となります。
役員報酬を100円減らしたら、社会保険料が5,585円減ることになりますね。

大体の水準は切りのいい数字で考えるとしても、最終決定の際には社会保険料のことも考慮したほうがよいでしょう。
なお従業員の場合は、時間外手当等の諸手当があったりしますので簡単ではありませんが、通常の勤務状態で時間外手当が発生しない方の場合は、考慮することも考えられます。

役員報酬の検討等、会社設立時の疑問点は朝日税理士法人にご相談ください。

Hama

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら