印税や不動産の権利金で今年だけ所得が高い!! - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

印税や不動産の権利金で今年だけ所得が高い!!



外の寒暖差だけでなく、屋外と屋内の寒暖差などで、夏バテならぬ冬バテというのが流行っているそうです。
疲れが取れなかったり、体調を崩しやすかったりしている方は、もしかすると冬バテかもしれませんよ!
時には、お風呂にゆっくり浸かり体を温めリラックスしたり、運動したりして、冬バテしないように気をつけてください!!
暖かい春はもうすぐです。

さてさて、本日のテーマですが…
・本を書いたら…印税
・土地を貸したら…権利金
などなどの収入によって去年に比べて今年だけ急に所得が高くなってしまった。
今年だけ所得が高いのに税金でこんなに持って行かれたらほとんど残らない(>_<)
そんな方は、平均課税の適用ができないか検討してみませんか?
平均課税とは、収入の変動の激しい方が、急激な所得の増加でいきなり税負担が重くなりすぎることのないように是正する為の制度です。

平均課税の対象となる所得は、以下の通りです。
1.変動所得・・年々の所得に変動がある職種
①漁獲又はのりの採取から生ずる所得
②はまち、まだい等の養殖から生ずる所得
③原稿又は作曲の報酬に係る所得
④著作権の使用料に係る所得

2.臨時所得・・長期間(3年以上)の契約等についての一時金
①プロスポーツ選手等の契約金
②貸地等の更新料
③営業補償金など

適用条件は、次の2つです。
・変動所得 ÷ 総所得額 ≧ 20%
・過去2年間に変動所得があった場合:
その年の変動所得 > 前年と前々の変動所得の合計×50%

平均課税は所得税の計算をする上での特例になりますので、本人が選択して確定申告をしなければ適用が受けられません。

ちょうど、確定申告も始まりました。
去年、急激に収入が上がって、多額の税金に頭を悩ませていませんか?
一度、平均課税が使えないか検討してみてはいかがでしょう?

税金に関することなら、どんなことでもお気軽に朝日税理士法人にご相談ください。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら