平成29年分 路線価 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

平成29年分 路線価



1ヶ月ほど前になりますが、国税庁は7月3日に平成29年分の路線価を公表しました。

路線価とは、道路に面する土地1㎡あたりの評価額のことで、相続税や贈与税を算定するときの基準となります。

国税局が土地の公示価格、不動産鑑定士による鑑定評価価格や売買実例価格等を基準として1月1日時点の路線価を発表します。

平成29年分の全国における最高路線価は「東京都中央区銀座5丁目」で、1㎡あたり4,032万円です。はがき1枚あたりでいうと約59万7,000円になります。

バブル期である平成4年の過去最高額3,650万円を更新しました。

中国5県でいうと、広島県が2年連続で上昇し、岡山はマイナスから横ばいに転じました。ほか3県についても地価の下落幅が縮小し、地価の下げ止まり傾向が持続しています。

 

岡山県の最高路線価はJR岡山駅前の岡山高島屋前の市役所筋(東側)で1㎡あたり118万円です。

これは平成26年のイオンモール岡山の開業が影響しています。倉敷市も倉敷駅前広場通りで上昇し、岡山県は、岡山市、倉敷市の中心部の活性化がうかがえます。

 

みなさまのお住まいの路線価も国税庁のホームページで手軽に調べることができます。(国税庁 路線価

相続財産の約50%を占めるのが不動産です。みなさま関心が深いと思いますので、この機会に一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

お気軽に朝日税理士法人までお尋ねください。

 

g

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら