年末調整において年金を受給している方について - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

年末調整において年金を受給している方について



年末調整の時期になってきました。
年末調整の時期に聞かれる質問に、年金をもらっている方はどうしたらよいですかとよく聞かれます。

給与を受給していて、年金の額が65歳未満の方は70万以下で65歳以上の方は120万以下であれば、確定申告の必要はありません。
しかし、医療費控除や住民税の申告、ふるさと納税などをしている場合は申告が必要になる可能性がありますのでご注意ください。

また、給与の額が少ない場合には
公的年金等の収入金額の合計額が400万以下であり、公的年金等以外の所得金額が(給与や個人年金など)が20万以下であれば確定申告は必要ありません。なので、扶養などがいない方で給与が58万以下であれば確定申告をする必要はありません。

以上に挙げた以外の場合もありますので、詳しくは朝日税理士法人までお尋ねください。

Kana

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら