確定申告での扶養変更について - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

確定申告での扶養変更について



年末調整で扶養親族として計算に入れていたが、確定申告時に変更できるのかどうか。

これは変更できます。
変更になる場合の例としては、夫に子供を扶養親族として計算していたが医療費控除などで、妻へ扶養を変更したほうが還付が大きくなる場合などです。

変更するには、扶養親族を増加させようとする者及び減少させようとする者全員が変更後の確定申告を提出しなければなりません。
ただし、変更の前に確定申告を提出していた場合の変更は認められませんのでご注意ください。

K.N

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら