確定申告の時期がきました!! - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

確定申告の時期がきました!!



毎年のことではありますが、今年も忙しい確定申告の時期がきました。
テレビのコマーシャル等で確定申告の申告・納付期限は3月15日(平成27年は3月16日)までと言われる、おなじみのあの時期です。
ちなみに今年の確定申告の受付期間は、平成27年2月16日(月)から平成27年3月16日(月)です。
法人は、個々に決算日(申告日)を決めることができますが、個人は、それができず、全員3月15日が申告期限です。
だから、当社のような会計事務所は人員を増加し、税務署は特設会場を設けて対応します。
会場の中は、混雑して順番待ちします。もちろん各税務署も混雑しています。

ところで、顧問先様で業務をこなしていると、従業員の方から住宅借入金等特別控除(金融機関で借入して家・マンションを購入した)や医療費控除(入院をして医療費が高額になった)等の質問があり、いろいろ答えていますが、そこで感じることがあります。
それは、みなさんが3月15日(16日)までに申告をしないといけない考えていることです。
結論から申しますと、サラリーマンで税金が戻ってくる場合の確定申告については、3月15日(16日)後に申告しても税金は戻ってきます。
これを還付申告といいます。
3月15日(16日)までに申告しなければならない個人は、税金を納付しなければならない個人、又は、事業(不動産業を含む)をされて青色申告を適用されている個人です。
ですから、サラリーマンの方で住宅借入金等特別控除等で還付申告をされる場合は、2月16日以前か3月15日(16日)以降かの、税務署が混雑していない時に行かれて申告するのが良いかと思います。(還付申告の場合は、2月16日以前でも受付てもらえます
そうすれば、忙しさが緩和されているから税務署職員も親切に対応してくれるはず?です。

確定申告でお悩みの方は、お気軽に朝日税理士法人までご相談下さい。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら