確定申告会場とマイナンバー - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

確定申告会場とマイナンバー



所得税申告期限迫る

平成28年の所得税申告期限まであと2週間余りです。
これからママカリフォーラムの確定申告会場に出かけてすませようという方もいらっしゃるでしょう。
その際に持っていくもので今年から増えたのがマイナンバー関連です。

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方は、マイナンバーカードだけでよいです。
マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方は、
番号確認書類として通知カードか住民票の写し
身元確認書類として、運転免許証等
が必要です。

家族が提出する場合
夫の申告書を妻が提出する場合とかはどうなるのでしょうか。妻のマイナンバー関連書類も持って行くのでしょうか?

その場合は妻のマイナンバー関連書類は不要です。「郵送に準じた扱い」とされるためです。
ただし、申告者本人(この場合は夫)の上記の番号確認書類及び身元確認書類コピーを貼付する必要があります。

コピー機は通常は確定申告会場にはないので、事前にご用意ください

テレフォンセンターにて
税理士会ではこの時期、ママカリフォーラムの確定申告会場にて無料相談に従事するとともに、テレフォンセンターで電話相談にも従事します。
今年は私はテレフォンセンターの担当でした。
そこでよく聞かれたのが「確定申告会場には何をもっていけばいいのか?」ということです。
それの今年の目玉が「今年からマイナンバー関連のものが必要です」ということだったわけです。

確定申告についてはお気軽に朝日税理士法人にお問い合わせください。

Hama

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら