経営審査 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

経営審査



建設業の経営事項審査って毎年コロコロと改正があり、
どうやったら点数が上がるのかイマイチ分かりづらいですよね。

もちろん決算書を書き換える事なんて出来ないので、改正で変更があっても
基本的にはどうしようもないのですが、いち早く改正情報等を知っていれば、
対応できるものも中にはあります。

例えば以前ではペーパーカンパニー(資産を持ってない)の様な会社が、
高点数となるケースがあったようで、その時には重機を買うよりリースにした方が点数が良かったり、
会計参与設置会社にすると加点があったりなど様々です。

会計事務所としての切り口で経営審査の点数アップ(特に経営状況分析Y点)について、
決算書の作成上での注意点を簡単にまとめてみました。

売上 多い方が良い 支払利息 少ない方が良い
利益 多い方が良い 総資本 少ない方が良い
減価償却費 多い方が良い 売掛債権 少ない方が良い
自己資本 多い方が良い

決算直前で少しでも点数を上げようとすれば、
出来る限り売掛債権を回収(売掛債権減少)して、買掛金を支払い(総資本減少)
すれば規模にもよりますが点数アップになります。

建設業会計・経営事項審査のことなら朝日税理士法人まで

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら