2017年から始まるセルフメディケーション税制 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

2017年から始まるセルフメディケーション税制



セルフメディケーション税制ってご存知ですか?

概要

セルフメディケーション税制は、医療費控除の特例で、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです

これまで1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合、超えた額が所得から控除されて税金が還付・減額される医療費控除という制度がありました。しかし、比較的健康であまり病院に行って診てもらう機会が少なく、この制度を利用できるほど医療費を支払っていないという方は多いですよね(^^♪

2017年1月から始まるこの制度では、そのような方でも・・・実は私もそうですが、ちょっとした身体の不調などでOTC医薬品をよく利用するなら、一定の条件を満たせば税金が還付・減額されるようになるので嬉しいことです。
一定の条件とは、特定の成分を含むOTC医薬品を1年間に12,000円以上購入し、更にその年に会社の健康診断や自治体のメタボ検診などを受けていることです。

12,000円を超える部分の金額(その金額が88,000円を超える場合は88,000円)についてその年分の総所得金額等から控除することができます。

セルフメディケーションは、世界保健機構WHOにおいて、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

自分自身の健康管理を心がけると共に、軽度な不調であればOTC医薬品を利用することによって、自分で自分の健康を管理すること(セルフケア)を国として推進しようとするものです。

セルフメディケーション税制の詳細や有効成分については、
厚生労働省ホームページ でご確認下さい。

スイッチOTC医薬品については、「租税特別措置法施行令第二十六条の二十七の二第二項の規定に基づき厚生労働大臣が定める一般用医薬品等」(平成28年厚生労働省告示第178号)においてその有効成分を定めているところであります。

セルフメディケーション税制対象医薬品 品目の例

・バンテリンコーワクリームEX(興和株式会社) 成分名:インドメタシン
・パブロンS(大正製薬株式会社) 成分名:ブロムヘキシン
・バファリンプレミアム(ライオン株式会社) 成分名:イブプロフェン

商品名はもちろん、成分名もよく耳にする名前のものばかりですね。

厚生労働省ホームページに一覧表がありますのでご確認下さい。

皆様健康に心がけましょうね 😀  🙄  😛

 

税金のことでしたら、朝日税理士法人までご連絡下さい。

 

山崎

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら