給与と外注費 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

源泉所得税

  • 2018/01/04給与と外注費
  • 以前こちらの記事でも触れていますが、両者の性質、判断基準について考えてみました。外注費を受け取る側は事業所得となりますが、給与と事業所得ではどのような区分がされているのでしょうか。......

  • 2017/11/19宿直について
  • 【宿直って何?】 宿直とは、正規の勤務時間外においてその者本来の職務の遂行としてではなく、専ら事業所内の夜間巡回や夜間時の電話対応または、文章の収受、緊急時に備えての待機等のために......

  • 2017/11/02源泉控除対象配偶者
  • 年末調整の季節が近づいてきました。税務署から茶封筒は届きましたでしょうか。中には年末調整に必要な書類一式が入っています。来年度分の平成30年分扶養控除等(異動)申告書について、配偶......

  • 2017/09/08未払残業代を支払った場合
  • 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が大きくクローズアップされました。 違法な長時間労働が社会的問題となり、労働基準監督署も疑わしい事業者に対して調査や監督指導を強化しています。......

  • 2017/08/21外国人留学生を雇う会社は要注意
  • 近年は一段と外国人労働者の方が増えてきている印象がありますが、厚生労働省の統計によれば、実際に日本で働く外国人労働者の数が4年連続増加していて、昨年10月末時点でついに100万人を......

  • 2017/08/11退職者に支払う給与・賞与の源泉徴収
  • 退職者に対して、退職後に支給日が到来する給料を支払ったり、在職中の給料の追加払いをする場合があります。 また、就業規則等で、一定の支給対象期間に在籍している者を賞与の支給対象者とし......

  • 2017/07/10配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正
  • 平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が改正されました。 働きたい人が就業調整を意識しなくて済む仕組みを構......

  • 2017/05/15源泉所得税の納期の特例
  • 今これを書いているのが5月なのですが、源泉所得税等を半年に1回納付している事業者の方はそろそろ7月の納付時期が近付いて来ましたね。 源泉徴収した所得税及び復興特別所得税は、原則とし......

  • 2016/12/01平成28年度分年末調整のポイント
  • 1.配偶者控除と扶養控除 ポイント:年の途中で異動が生じた場合には、「扶養控除等異動申告書」の提出が必要です。 配偶者控除や扶養控除の対象となるのは、給与の支払を受ける人(所得者本......

  • 2016/09/01日本から出国される外国人の皆様へ ~To all foreigners leaving Japan~
  • 年金制度に6か月以上加入されていた方は、脱退一時金を受け取ることができます。 日本から出国されると手続ができるようになりますが、今回はその具体的な手続についてお伝えします。 【提出......

  • 2016/08/01外国人の脱退一時金
  • 日本国籍を有しない方が、国民年金、又は厚生年金保険の被保険者資格を喪失し、日本を出国した場合、日本に住所を有しなくなった日から2年以内に脱退一時金を請求することができます。 原則と......

  • 2016/07/08源泉所得税の追加納付
  • 源泉所得税の納期の特例を適用している場合、いよいよ7月11日(月)(2016年)が納期限です。 給与・賞与に関する源泉税は忘れることはまずないと思いますが、忘れがちなのが司法書士、......

  • 2016/07/05賞与に対する源泉徴収
  • 賞与を支払う際には、毎月の給与計算と違うことがあり注意が必要です。 毎月の給与計算と違うところとして、次のようなことがあります。 1、社会保険料の計算方法 2、源泉所得税の額の計算......

  • 2016/06/16納期の特例~特例を受けれなくなった場合~
  • さて、納期の特例を利用されている方は、来月の7月10日までに半年分の源泉所得税を納めることになります。 納期の特例を利用されている方は忘れないように注意しましょう。 この納期の特例......

  • 2016/06/12源泉所得税、期限までに納めていますか?
  • 源泉徴収した所得税及び復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 納期の特例を受けている会社は、半年に一度、7月と1月に......

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら