預金の生前贈与をするときに気を付けること - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

資産税

  • 2017/12/27預金の生前贈与をするときに気を付けること
  • 生前にお子さんやお孫さんに財産を贈与して、相続財産を減らせば納める相続税は減ります。 そのためには、早めに贈与を開始して、長い年月をかけた方が有効な相続税対策になります。 【贈与契......

  • 2017/11/28平成28事務年度における相続税の調査の状況について
  • 先日、平成28事務年度における相続税の調査の状況が、国税庁より発表されました。 「平成28事務年度」、事務年度って何? 国税局、税務署の年度は、「事務年度」と呼ばれ、7月1日から6......

  • 2017/11/03贈与税の非課税財産
  • 相続税法第21条の3第1項の規定により、扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるものは、贈与税の課税価格に算入しな......

  • 2017/11/02死亡退職金と死亡保険金
  • 退職金は、死亡退職に起因するものか生存退職に起因するものかにより、税務上の取り扱いが異なります。 (1)死亡退職金 本人の死亡後3年以内に支給が確定したものは、相続財産とみなされて......

  • 2017/10/26相続対策に生命保険が有効と聞きますが、なぜでしょうか?
  • 平成27年の基礎控除の引き下げにより相続税の申告件数は、基礎控除改正前の平成26年分の約2倍となっており、生前贈与をはじめ相続税の節税に関心が高まっています。 年間110万円の生前......

  • 2017/08/08「不動産管理会社」を利用した節税
  • 所有している土地に賃貸マンションを建てて、節税対策をすることは効果的です。 賃貸事業が順調に稼働して、家賃が入るようになると、所得税がかかってきます。家賃収入が増え、これまでよりも......

  • 2017/08/03平成29年分 路線価
  • 1ヶ月ほど前になりますが、国税庁は7月3日に平成29年分の路線価を公表しました。 路線価とは、道路に面する土地1㎡あたりの評価額のことで、相続税や贈与税を算定するときの基準となりま......

  • 2017/07/17富裕層に対する監視の目
  • 7月は国税局・税務署の異動の時期です。 東京国税局では、多額の資産を持つ富裕層の税逃れを監視する専門職員の人数が19人から39人に倍増されるそうです。 東京国税局には、富裕層対策の......

  • 2017/06/16亡くなった年の所得に係る住民税は?
  • 確定申告をしなければならない人が年の中途で死亡した場合、相続人が、1月1日から死亡した日までの所得について、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に所得税の申告と納税......

  • 2017/05/19相続人がいない故人から国が相続するまで
  • 前回、相続人がいない場合、その故人の財産は国が相続すること、その金額が400億円にもなることをご紹介しました。 それでは、相続人がいない故人から国が相続するまでの手続きはどうなって......

  • 2017/05/08法定相続情報証明制度②
  • 法定相続情報証明制度とは、法務局に被相続人の戸籍謄本などの書類を提出し、確認を受けることで、その後は法務局が戸籍謄本の代わりに一通の証明書「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」を出......

  • 2017/04/22相続人がいない場合の遺産の行方は?
  • 内閣府が発表している高齢社会白書によると、日本の総人口は、平成27年10月1日現在、1億2711万人となっています。65歳以上の高齢者人口は、3392万人となり、総人口に占める割合......

  • 2017/03/15公正証書遺言
  • 公正証書遺言とは、公証人役場で公証人に作成してもらう遺言のことを言います。公証人に作成してもらうことで、書き間違いやミスがないため、最も確実な遺言といえます。   公正証......

  • 2017/02/25広大地評価の見直し~平成29年度税制改正大綱
  • 平成29年度税制改正大綱において、広大地の評価方法を、現行の面積に比例する減額方法から、各土地の個性に応じて、形状・面積に基づき評価する方法に見直すとともに、適用要件が明確化される......

  • 2017/02/18養子縁組の有効性
  • 平成27年1月1日より相続税の課税強化がされ、相続税の課税対象者がおおよそ2倍となりました。 そのため、相続税の節税に皆様関心が高くなっています。 例えば、年110万円以内の生前贈......

  • 2017/01/18平成27年分の相続税の申告状況
  • 皆様ご存知の通り、平成27年1月1日以後開始した相続について基礎控除額が「3000万円+600万円×法定相続人の数」へと改正され、4割減額されています。 この改正によりおおよそ1.......

  • 2017/01/06住宅取得等資金の贈与税の非課税
  • 消費税率引上げ延期に伴う税制改正法案が平成28年11月18日に可決・成立し、住宅取得等資金の贈与税の非課税の適用期限が平成33年12月31日まで延長されました。 住宅取得等資金の贈......

  • 2016/12/24預貯金は遺産分割の対象
  • 先日、最高裁大法廷は、裁判所での審判で相続の取り分を決める「遺産分割」の対象に預貯金は含まないとしてきた従来の判例を変更し、遺族間で争われた審判の決定で、「預貯金は遺産分割の対象に......

  • 2016/12/13相続税の調査割合
  • 平成27事務年度の相続税の実地調査が公表されました。この調査は平成25年に発生した相続を中心に国税局及び税務署で収集された資料情報等から申告額が過少であると想定されるものや、申告義......

  • 2016/11/28相続税・小規模宅地等の特例
  • 亡くなった方が居住や事業のために使っていた土地は、相続人にとって生活基盤財産であり、納税のために簡単に処分することができません。相続した土地のうち、居住用は330㎡まで、事業用は4......

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら