相続が発生する前に、相続税に対する事前対策を講じておくことで相続税対策となります。贈与や不動産の運用法などいくつかの方法がございますので、ご検討の一助としてください。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

相続税対策

相続税対策とは、相続が発生する前に相続税に対する事前対策を講じておくことで、節税のみならず相続人同士のもめごと等にも対策できます。そして、相続税対策には大きく分けて3種類の対策方法がございます。

節税対策(財産評価)

相続税の節税には「贈与」「財産評価を下げる」という2種類の方法がございます。

贈与・・・ 年間110万円を超えた額を贈与すると贈与税がかかります。110万円を超えた場合では、その額によって税率と控除額が変わります。

例えば、低い金額の贈与を長年かけて行うことにより、遺産相続時にまとまった財産が相続される際にかかる相続税よりも低い税額に抑え、節税することが可能です。  >>贈与についてもっと詳しく

財産評価を下げる・・・ 土地相続に関して、更地にアパートなどを建てることで「貸家建付地」にしたり、小規模宅地等の特例を適用できる形に工夫をして、土地評価額を下げる方法です。
>>財産評価についてもっと詳しく

贈与

争族対策(もめないための遺産分割対策)

相続が発生したとき、気を付けなければいけない点は相続争いです。兄弟や親せきなど良好な人間関係だったにも関わらず、相続が発生したとたんに骨肉の遺産相続争いが発生してしまうケースをよく耳にします。
「まさか私たちの家族が!」とならないように、相続争いへの対策も考えておきましょう。これは、相続人よりも被相続人自らが想定し対策しておいたほうが良い内容であります。
相続争い

ご自身の死後、遺産をどのように分けたいのか「遺言書」を残しておくことが重要です。公的な機関を利用して作る「公正証書遺言」が確実ですが、自筆で残す場合は決められた形式に則って作成し、法的に有効な内容となるようにしたいところです。>>遺言・遺言書についてもっと詳しく

そして、土地などの分けにくい財産をどのように相続させるかという点も重要です。現金、証券、株、事業など、相続対象となる事柄をリスト化し、遺産の全容を把握してそれぞれの相続人・相続方法を考えておくことが大切です。

財源対策(納税)

相続税対策とは節税対策だけをさすわけではありません。相続が発生し相続税額が決定したときに納税する資金がなければ、せっかくの節税対策も意味がありません。
例えば、相続した財産が自宅だけだった場合、これに相当する相続税額の資金が確保できなければ、自宅を担保に資金を調達したり、最悪の場合は自宅そのものを売って資金を作り納税することになってしまいます。
納税

遺産相続相談、相続税対策のご相談が初回無料です

相続税対策無料相談サービス

相続が発生する前の準備

相続手続き一括パックが便利です

相続手続き一括基本パック
朝日税理士法人岡山では相続手続きの内容によって選べる一括パックをご用意しております。相続手続きでお困りでしたらぜひご検討ください。

①一般的なご家庭の相続手続きに最適な「相続手続き 基本パック」
②忙しい方やできるだけ手続きを任せてしまいたい方向けの「相続手続き サポートパック」
③資産が多く複雑な資産相続、全てを一括でお任せいただく「相続手続き 一括おまかせパック」

朝日税理士法人お問い合わせ先0120-533-033
岡山の税理士事務所、朝日税理士法人岡山です。相続税・法人税・所得税等、税務相談をメールで受け付けております。