TAX FREE - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

TAX FREE



最近岡山でも外国人の旅行者が、増えています。
そのせいか、デパートとかで、免税の文字も見かけるようになりました。
日本では、外国人旅行者が、一般物品や消耗品を購入すると消費税が免除になる制度があります。

一般物品、消耗品とは何でしょう。

一般物品は、家電製品、服着物、バッグ等で、同一の海外旅行者に対して、同じお店で1日の一般物品の購入合計額が、1万円を超えるものです。

消耗品は、食品類、飲料類、薬品類、化粧品類その他の消耗品のうち同一の海外旅行者に対して、同じお店における1日の消耗品の購入合計額が、5千円を超え、50万円までの範囲内のものです。

購入後の包装にも違いがあります。
一般物品は、包装に特に指定がありませんが、消耗品は、免税販売する際に国土交通大臣及び経済産業大臣が指定する方法により包装を行うこととされています。
もちろん、出国するまで開封できません。
消耗品は、日本に滞在中に、消費される可能性があるからです。
ニュース等で、取り上げられる爆買いの様子を見ていると家電製品等は一般物品なので、お店の包装のままですよね。

那須(啓)

 

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら