税務調査にAI導入で調査開始 - 

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

税務調査にAI導入で調査開始



11月31日付けの日本経済新聞に「税務調査 AIを武器に」という記事が掲載されました。

 

記事によると、国税が企業の税務調査において人工知能(AI)の活用を本格化させているとのことです。

過去の申告漏れの事例をAIに学習させ、膨大な資料から「疑いのある法人」を割り出す方法で

2022年事務年度(2023年6月までの1年間)は法人への追徴課税額が10事務年度以降で最高となったそうです。

またこのAI導入で、税務署では人の手がいる難しい事案により人員や時間をかけられるようになったとしています。

 

税金逃れの補足を図る国税の新たな武器として今後の動向が注目されます。

 

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

© 2014 朝日税理士法人 All Rights Reserved.