タイの就業規則 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで
【年末年始休業期間】12/31(月)~1/4(金)

タイの就業規則



タイ出張の折、タイ法人の一般的な就業規則をチェックする機会がありました。

その就業規則の内容で驚いたことを書きます。

 

1.会社から備品、消耗品を持ち出してはならない。

2.会社内で喧嘩、あるいは暴力行為を行ってはならない。

3.酒を飲みなが仕事をしてはならない。

4.仕事中に賭博をしてはならない。

5.会社内に麻薬、武器、爆発物を持ち込んではならない。

6.従業員は会社の活動に関して収賄、賄賂を行ってはならない。

7.ほかの従業員の所持品を盗んだり、横領してりしてはならない。

8.仕事中に職場から逃げてはならない。

 

まだまだありますが、きりがないのでこのぐらいにしておきます。

わざわざ書かなくても当たり前でしょと思いますが、書いておかないと

従業員から「就業規則に記載がないからいいと思った。」って言われるみたいです。

藤原

 

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら