設立初年度から消費税課税事業者となる場合 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで

特定期間

  • 2016/06/13設立初年度から消費税課税事業者となる場合
  • 新しく会社を設立した場合、2年間は消費税課税事業者となりません。 これが原則ですが、近年はその例外が増えてきました。 「特定期間の話でしょう?全事業年度の初めの6か月間の売上高が1......

  • 2016/01/06個人事業から法人成り
  • 個人事業を始めて3年目、今期から消費税の納税義務が発生する方からの相談です。 消費税の納税義務については「消費税の届出関係」「特定期間って何?~法人の新規設立初年度は7カ月以下に~......

  • 2015/08/16消費税の届出関係
  • 今回は消費税の届出書の中で、納税義務が発生する時に提出する消費税課税事業者届出書(新設法人に該当する旨の届出書含む)及び簡易課税の適用を受ける時に提出する消費税簡易課税制度選択届出......

  • 2015/08/14消費税の還付(輸出業)
  • 輸出業における消費税の還付 法人設立したばかりの方から問い合わせの電話があり、会社へお邪魔しました。 事務所兼用の大きな倉庫で営業されており、輸出商品がギッシリと積んでありました。......

  • 2015/05/29特定期間って何?~法人の新規設立初年度は7カ月以下に~
  • 少し古い話になってしまうのですが、平成23年の税制改正で、消費税の免税点について取扱いが変わっています。 この改正が行われるまでは、消費税の課税事業者の判定は、基準期間の課税売上高......

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら