贈与税の非課税財産 - 岡山市の税理士事務所、朝日税理士法人岡山。相続税対策、遺産相続手続きから法人設立、確定申告まで税理士業務なら朝日税理士法人岡山にお任せ下さい。

信頼と実績の税理士事務所の朝日税理士法人岡山
当税理士事務所へ相続・税務・会計・経営のご相談は0120-533-033まで
【年末年始休業期間】12/31(月)~1/4(金)

贈与税の非課税財産



相続税法第21条の3第1項の規定により、扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるものは、贈与税の課税価格に算入しないこととされています。

「生活費」とは、どのようなものをいうのでしょうか。

相続税法基本通達21の3-3は、生活費とは、教育費を除き、その者の日常生活を営むのに必要な費用をいうものとし、それには、日常の衣食住に必要な費用のみでなく、治療費、養育費その他これらに準ずるものも含むものとして取り扱うものとされています。

なお、具体的にどの程度のものまで生活費として認められるかについては、一律に決めることは適当でなく、その者その者の個々の事情に即して社会通念に従って判断すべきものと考えられています。

テレビや雑誌などで、芸能人の2世のおこづかいについて報道されることがありますが、その金額に驚くことがあります。「その者その者の個々の事情に即して社会通念に従って判断する。」とういうことは大変難しいことだと思います。車やマンションを買ってもらった、ということもありますが、きっと所有者の名義は親名義なのでしょう。

nona

 

ブログの記事は、読み易さを重視して一部簡略化している場合があります。詳細については最寄の税務署等にご確認ください。
※ブログ記事の内容についてのお問い合わせは承っておりません。

当税理士事務所へのメールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら